2012年5月アーカイブ

ただひとくちに薬局関連のばしょと言っても、さまざまな分類が有ります。
薬ざい師の働く薬局関連の場所といえば、先に思い浮かぶのが一般的な薬局なのです。
一般的な薬局と言っても、実のところたいへん複雑な決まりで薬局は区分けされています。
実のところ薬局といっても、薬だけをうっていれば薬局と名乗れるということではないのです。
薬局と名のるためにはある一定の水準があり、その基準をクリアしていなければならないわけです。
それとは、必ず調剤室というものを伴っていることと、薬ざい師が駐在しているということ、ドクター等の処方せんに基づいた医薬品を調剤することが可能であることという事です。
そうして2006年に施行された医療法の変更によって、薬局関連ではちょっとした変化が起きました。
それというのは、薬局とはたんなる医薬品販売店舗といういち付けでは無く、医療提供施設として位置付けとなり、これは調剤といわれる医療を提供する場所で有るという事柄を意味します。

名古屋でのCRO

そのため、薬局関連の場所で薬ざい師が業務につくということは、そのことが町の薬局であったとしても、医療を提供しているという事になることです。
そうして薬局関連と一言に言っても、まずは様々な薬局があるのです。
まず、基準薬局と呼ばれる薬局です。
それは、日本薬剤師会が規定した基準をクリアした薬局の事で、住民の皆さんが薬について安心して任せられる薬局だと言うことが分かるよう、提示したものです。
基準薬局とは、責任持ってしょほうせんを調剤をすることや、患者さんの薬歴カードを作成する事など、患者さんの為になりえる薬局の業務を意欲的にする薬局を、日本薬剤師会により認定されるもののことをいいます。
基準薬局と認められた薬局は、この明示があるので、かかりつけ薬局として安全に利用できる事になっています。
第二に薬剤師の常駐している薬局の関連と言うと、保険薬局があるのです。

このアーカイブについて

このページには、2012年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年4月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク